小田原屋は漬物80年余の実績

小田原屋の人気おすすめ商品は?

1.仙女キムチ

小田原屋の工場から直送している仙女キムチ。発売から20年以上日本のキムチの草分け的商品、多くのファンがいる大人気商品です。

仙女キムチを買う

2.べったら漬け

一本一本手剥きした国産大根を、北海道産の砂糖・天塩・醸造酢だけでゆっくりと低温で漬け込み、絞り、蒸した契約栽培の米を合わせて再度熟成させました。

べったら漬けを買う

3.食べるオリーブオイル

フライドガーリックとフライドオニオンのサクサク食感が特徴の万能調味料です。ごはんにはもちろん、パスタとの相性もばっちり。

食べるオリーブオイルを買う

4.食べるラー油

大粒サクサクのフライドガーリックに、絶妙なラー油の風味。いつものラー油を「食べるラー油」に変えてみたり、シンプルにあったかご飯にのせても簡単おいしい!

食べるラー油を買う


漬物バイキングアンデコの新CM登場!

懐かしい!小島功イラスト時代の小田原屋

INSTAGRAM

もっとみる

80年余の実績、はじまりは福島県会津

小田原屋の初代は福島県会津の出身で、神奈川県小田原市にあった江戸時代から続く漬物屋「小田原屋」で修行。指南書には、当時の漬物の製法が図入りで詳しく説明されており、小田原屋の漬物は、この製法を受け継いで製造。初代は修行を終えた後、足尾銅山で資金を貯め、現在、本社がある福島県郡山市で昭和8年に佃煮、漬物の卸売と製造を開始。

> 社長の思いとは?

江戸時代からの伝統製法を受け継いで

当初は郡山市堂前に本店があったが、道路拡張工事(現在:文化通り)の為、昭和42年に郡山市山根町に移転。昭和51年に現在の本社所在地の郡山市富久山町に、新たに造成された郡山食品工業団地に本社工場を移転し、山根町と富久山町の二工場体制で製造。その後、山根町は郡山の市街地に発展したことで、郡山食品工業団地内の工場を拡張し、製造拠点を郡山市富久山町に集約。平成20年には郡山食品工業団地内で工場を移転し、現在の場所で製造販売。

> 小田原屋80年の歴史は?


『おいしい』を工場直送でお届け

全国のお客様に「食文化の継承・進化」をテーマとし、お米をおいしく食べるための様々な小田原屋商品をより多くのみなさまに工場からお届けしたいという考えから、漬物とカフェを組み合わせたカフェアンデコと通信販売を始めました。四季折々の季節商品やセール品のご案内、その時々の地元のおいしい食材のご紹介、おいしい食べ方などを満載にしたダイレクトメールを年に 4-5回みなさまのもとへお届けいたします。

> 工場見学はこちら

郡山市民なら食べておきたい!

唐揚げと揚げ物 おだわらや

漬物屋でカフェバイキング

natural food & cafe UNDECO since 2012