べったら漬けとは?小田原屋社長にべったら漬けのインタビュー

漬物 

170324_1

小田原屋のべったら漬けが人気のある理由は?

小田原屋のべったら漬けは福島でつくられているべったら漬け。東京にもべったら漬けがありますが、いわゆる東京べったらと福島べったらは大きく異なります。

べったらの基本は白首大根だけど小田原屋は青首大根。

一般的なべったら漬けは『白首大根』を使っているのに対して、小田原屋のべったら漬けというのは『青首大根』の外皮を一本一本丁寧に剥いた大根を使用しております。そのため、見た目も大根の頭の部分がうっすら黄色くなっておりますが、とても柔らかい仕上がりになります。

べったら漬けを買う

大根の水分の抜き方は東京は干し、福島は糖で。

砂糖をふりつけるようにしながら糖漬けにして水分をぬきます。 

麹を使用するか、しないか。

麹をつかうかつかわないかの違いがあります。麹をつかうとベタベタねっとりとするが、味に甘みがでます。小田原屋がつくるべったら漬けは米を蒸して蒸米にして漬け込んでいるので、甘さがさっぱりすっきり仕上がっています。


こんな記事も読まれています。