福島県郡山市にある小田原屋からの社長あいさつ

芝田机太郎 

小田原屋は祖業のつくだ煮製造業から戦後漬物製造業に転じ、漬物が家庭で漬けるお母さんの味から、お店で買う量販品になっていく昭和の時代に、その市場規模の拡大とともに当社も成長してまいりました。

そして平成の時代に入り、漬物は食卓に必ずある副菜という位置づけから、嗜好品へと変わってきていると考えています。その中でわたしたちは、お母さんの味に戻るのではなく、手間をしっかりかけた漬物屋の漬物作りに挑戦し、2014年に「郡山べっこう漬」を発売しました。

また、2012年からはドレッシングやオリジナルの調味料などの加工食品の製造を開始し、2013年からは自社製品の製造に加え、6次化商品のOEM製造も開始しています。

これからも時代のニーズや社会環境の変化に対応しながらお客様のご期待に応えられる企業を目指してまいります。

代表取締役 芝田 机太郎

小田原屋の会社概要をみる >


ショップをみる

こんな記事も読まれています。