ホロホロの意味は涙がでるほど辛い?ホロホロ生姜の意味と由来について

漬物

150222_14

ホロホロ生姜の由来は涙がでるほど辛い?

名前が特徴的な小田原屋のホロホロ生姜ですが、この『ホロホロ』とはいったいどのような意味があるのでしょうか?由来は、名前ができる当時、この生姜を食べた人が「涙がでるほどに辛い!」と思ったことからつけられたようです。さすがに現在ではもっと容易に食べることができるように、涙がでるほど辛くはありませんが、由来としてはホロホロと泣けてしまうことがきっかけにあったそうです。

ホロホロ生姜の中身は、生姜を細かくみじん切りにしたものです。小田原屋の味噌漬けべっこう漬けの生姜をみじん切りにしています。おすすめの食べ方としては、ほかほかのごはんにのせたり、夏場であれば冷奴に添えて食べるのもおすすめの一品です。生姜なので身体を温める効果も抜群!生姜は細かくみじん切りにしてあるので、スプーンなどで適度な量を調整しながら食べることができて女性にとても人気の高い商品です。


こんな記事も読まれています。

小田原屋の人気ランキング

1.仙女キムチ

2.べったら漬け

3.食べるオリーブオイル

4.食べるラー油

スタッフ募集中

小田原屋の最新情報

>> お取引さまへ

もっとみる

仙女キムチ製造中。

INSTAGRAM